転職サイトの中の人のここだけの話

転職サイト/転職エージェントの中の人のここだけの話 |年収1,000万円を狙えるおすすめ企業図鑑

某転職サイトと就活サイトの「中の人」です。日本の転職と就活の裏側や年収事情を「忖度なく」ストレートに語ることで、「このサイトだけ見ていれば、誰もが挑戦的なキャリアを描ける」ことを目指しています。

【現役看護師が語る】看護師におすすめの転職エージェント8選 ~オススメしない転職サービスとの違いや評判を徹底比較・人気ランキング

このブログの人気記事

【保存版】看護師の転職におすすめの転職エージェント8選 ~オススメしない転職サービスと比較・ランキング

 

転職サイトの中の人 (@tennakanohito)です。

 

私は転職業界で10年以上働いていて、現在はある転職サイトの事業部長をしています。自分自身も過去に5回転職した結果、現在30代で年収1,500万円を得ており転職に成功しました。

 

本日は、看護師が転職をする際に「おすすめする転職エージェント」「おすすめしない転職エージェント」について、転職市場の中の人の視点で解説します。

 

また、本記事を書くにあたり、現役看護師の方にインタビューを行いました。そのため表面上の内容ではない「手触りのある情報」が得られると思います。

 

先に結論から言います。

  1. 看護師の転職で相談すべき転職エージェントとは、看護のお仕事」や「看護roo!」、「ナース人材バンク」のような、看護師の転職に特化した専門的なサポートを受けられるところ。
  2. 一方で、「doda」や「リクルートエージェント」のような総合型の転職エージェントは、看護師の転職ではあまりオススメしない(※もし薦めているサイトがあったとしたら、それは無知かアフィリエイト目的です)。
  3. 「複数の看護師転職エージェント」を利用すること。なぜなら、サイトによって紹介できる求人の種類と数が違うため。複数のエージェントに登録した方が職場の選択肢を増やすことができます。

 

【執筆者】
転職サイト/就活サイトの中の人

某転職サイトと就活サイトの事業部長です。元コンサルタント。人材業界10年選手。25歳年収300万円の時に勤めた無名企業が倒産→転職4回で現在は年収1,300万円超です(最近5回目の転職をし年収1,500万円超になりました)。転職市場はブラックボックスが多い事に問題意識を感じ、本サイトにて「忖度なく」知っている事を話します。twitterフォロワーは合計8,000名超。
twitter:転職サイトの中の人
twitter:就活サイトの中の人

 

 

【まとめ】看護師の転職で失敗しない「おすすめ転職エージェント8選」(※無料です)

 

まず結論からお話しすると、中の人が看護師の転職でおすすめする転職エージェントは下記の通りです。「8社」ピックアップしました。

ちなみに下記の転職エージェントは全て無料で利用できます。

 

◆◆◆すべての看護師におすすめする転職エージェント(5選)◆◆◆

◆◆◆地方の求人を探している看護師におすすめする転職エージェント(3選)◆◆◆

 

ここからは、「なぜ上記の転職サイト・転職エージェントがおすすめなのか?」について、理由を解説します。理由は2つあります。 

 

【理由1】看護師専門転職エージェントは求人の質も数も圧倒的なので、「希望に合った転職先」が見つかりやすい

 

上記でピックアップした看護師の転職エージェントは、他の求人サイトと比べて、求人の質も数も圧倒的に充実しているからです。

 

一般公開されていない施設の優良・好条件求人まで網羅していますし、病院や施設と太いパイプをもっています。そのため、ほとんどの人が気になる"職場の人間関係"のようなリアルな情報を事前に把握できるので安心です。

 

また転職した利用者から、その後の感想について電話でヒアリングを行っているサイトも多いため、転職アドバイザーは看護現場の実際を知っています。

 

さらに、数多くの看護師転職サポート経験から、電話での実践的な面接練習や、具体的な履歴書の書き方をレクチャーしてくれます。しかも、希望する転職先の面接時の雰囲気や、過去にされた質問をもとに対策をしてもらうことも可能です。

 

例えば中の人の知人で、実際に看護師専門の転職エージェントを利用して転職した人がいるのですが、その人は看護師3年目で、初めての転職だったこともあり、面接当日はかなり緊張していたそうです。

 

分からないことだらけで不安だったそうですが、「もし当日何かトラブルがあっても、私に連絡してもらえれば対応します。」と言ってもらえて、気持ちが楽になったとのことでした。

 

とくに経験年数が浅い看護師や、ブランクがある看護師にとっては、強い味方となるでしょう。

 

【理由2】看護師専門転職エージェントは、ミスマッチが少なく働いてからの満足度が高い

 

もう1つの理由は、普通のエージェントに頼むよりも転職で失敗する確率を格段に減らせるからです。

 

看護師専門の転職エージェントは、看護師の職場に特化した知識と、各病院の独自情報に基づいて、的確なアドバイスをしてくれます。

※看護師専門エージェント例:看護のお仕事看護roo!ナース人材バンク

 

夜勤の体制、カルテの使い勝手など、看護師だからこそ気になる細かい情報にも詳しいのです。転職が完了してから「思っていたのと違う」「働きづらいからまた転職しなきゃだめかも」というミスマッチを減らせます。

 

また、看護師特有のワークライフバランスの保ち方やキャリアアップについても詳しいです。

 

今まで経験してきた診療科や、女性であれば妊娠・出産・育児を考慮して、今後の人生設計を含めた転職先の相談ができます。自分の看護観を大事にしながら、安心して長く働ける職場を見つけられそうですね。

 

さらに、自分からは言いにくい給与の交渉も請け負ってもらえます。もし条件が違っていたり、職場環境が悪かったりした場合も、転職先に交渉してもらえるため安心です。

 

 

ここからは、冒頭に挙げた「8社の転職エージェントの特徴」について1社1社解説していきます。

 

すべての看護師におすすめする転職エージェント5選

まずは、すべての看護師におすすめしたい転職エージェント5社をご紹介します。

 

【1位】看護のお仕事

 

【公式サイト】https://kango-oshigoto.jp/

 

看護のお仕事」は「ともだちに勧めたいサービスランキング」第1位を獲得した看護師専門の転職エージェントです。公式サイトはこちらです。

 

日本最大級の6万件以上の求人数を誇り、利用者は累計40万人以上にものぼります。膨大な求人のなかから、条件に合う転職先を「看護のお仕事」が厳選してくれるため、効率よく条件のいい職場を見つけられるのです。

 

また、「看護のお仕事」のアドバイザーは日頃から病院や施設と密に連絡を取り合っているため、公式サイトやパンプレットだけでは分からない内部情報に詳しいという強みがあります。

 

例えばサービス残業の有無や有給消化率、職場の人間関係は、実際に働いてみないとわからない場合が多いのが現実です。「看護のお仕事はそこをカバーできるので、働き始めてから「こんなはずじゃなかった」という事態になるのを避けられます。

 

加えて「看護のお仕事」は、もし面接場所まで一人で行くのが不安な場合は、希望すれば面接時にスタッフが同行してくれる親身なサービスも好評です。

 

ただし、「看護のお仕事」にもデメリットがあります。

 

それは、アドバイザーのサポートに個人差があることです。希望していない求人を勧められたり、連絡が遅いアドバイザーに当たった場合、転職活動がストレスになりかねません。

 

そんなときは、アドバイザーの変更が可能です。電話連絡だと伝えづらいと思いますが、LINEで連絡できるようになっているので気軽に伝えて大丈夫です。

 

実際に「看護のお仕事」を利用した知人は、「LINEを使えばちょっとした隙間時間に連絡できるため、仕事しながらでも転職を進められる」と話していました。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

 

【2位】看護roo!

 

【公式サイト】https://www.kango-roo.com/

 

看護roo!」は、10年以上にわたり何十万人もの看護師に利用されきた、看護師専門の転職エージェントです。利用者満足度は驚異の96.3%を誇ります。公式サイトはこちらです。

 

看護roo!」は特に下記の看護師におすすめですね。

・初めて転職する人

・経験が浅い人

・都市部で働きたい人

 

履歴書の添削や面接練習などのサポートが他の転職エージェントよりもはるかに手厚く、自分だけでは考えられないアピール方法をレクチャーしてもらえるので、採用率がグッと上がるでしょう。

 

ただし、「看護roo!」にもデメリットはあります。

 

注力エリアが東京・神奈川・愛知・大阪・埼玉など大都市に集中していることです。よって、地方や規模が小さい病院の求人は自然と少なくなってきます。

 

また、「看護roo!」は転職活動が簡単・スピーディーに進められる半面、転職を急いでいない人にとっては連絡頻度が多く、しつこく感じた方もいるようです。

 

看護roo!」を利用する場合は専任のアドバイザーに紹介頻度や連絡方法について希望を伝えておくと、ストレス少なく転職活動できるでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【3位】マイナビ看護師

 

【公式サイト】https://kango.mynavi.jp/

 

マイナビ看護師」は、「5年連続認知度No.1」の転職エージェントです。78項目の厳しい審査基準をクリアした「職業紹介優良事業者」にも認定されています。公式サイトはこちらです。

 

マイナビ看護師」に登録すると、独占や非公開を含む80,000件以上の豊富で質の良い求人の中から、希望に合った転職先を紹介してくれます。

 

全国各地の医療機関や施設の内情を熟知しているため、都心や駅近、土日休み、手当有りなど、こだわりの条件をすべて満たせる可能性も高いです。

 

相談会場は全国25箇所にあるので、地方在住者も来社相談しやすいのがポイントです。地方にいながら仕事や家庭の事情に合わせて、親身なサポートが受けられます。

 

また、「マイナビ看護師には、定着率やスタッフからの評価が低い職場は紹介しないという原則があります。ブラックな職場に当たる確率が低いため、紹介された案件の中から安心して転職先を選べます。

 

ただし「マイナビ看護師」にもデメリットがあります。

 

それは、経験不足や相性の悪いアドバイザーが担当になる場合も正直あることです。また、利用者の多いサービスなので、繁忙期は連絡が遅くなることもあるようです。

 

マイナビ看護師」はスピード転職が強みのサービスで、ほとんどが1ヶ月以内に次の職場を決めています。じっくり時間をかけたい人にとっては、転職をせかされているように感じて嫌になってしまうかもしれません。

 

幸い、「マイナビ看護師」には、100名近い医療業界専門のキャリアアドバイザーが在籍しているため、担当の変更には柔軟に対応してもらえます。もし不満を感じたら遠慮なく変更をお伝えしましょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【4位】医療ワーカー

 

【公式サイト】https://iryouworker.com/

 

医療ワーカー」は、正社員だけではなく、契約社員や夜勤バイトなど、さまざまな雇用形態の求人を保有している転職エージェントです。公式サイトはこちらです。

 

医療ワーカー」の特徴は、長年、医療関連の人材紹介で培った各施設との信頼関係が厚いことです。好条件の非公開を含め、約60,000件の豊富な求人の中から転職先を選べます。

 

また、全国に17の拠点があり、全国各地の求人を取り扱っていることも大きなメリットです。首都圏以外に転職したい人や、施設の規模にかかわらず自分に合った転職先を見つけたい人にもおすすめの転職エージェントといえるでしょう。

 

さらに、常日勤やパート、夜勤バイトなどさまざまな選択肢から自分に合わせた働き方を選べます。勤務先も病院、クリニック、介護施設、企業の健康管理室など豊富です。ライフスタイルや年齢に合わせて、無理せず楽しみながら長く仕事を続けている看護師が多いようです。

 

ただし「医療ワーカー」にもデメリットがあります。

 

それは「医療ワーカー」は、資格必須の求人しか紹介していないことです。

 

看護師・保健師・助産師のいずれかの資格を使って働くつもりなら良いのですが、他業界への転職を考えている看護師にとっては向いていません。この点を踏まえたうえで医療ワーカーは利用するようにしましょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【5位】ナースではたらこ

【公式サイト】https://iryo-de-hatarako.net/

 

ナースではたらこ」は、「看護師人材紹介対応満足度」第1位の看護師専門職業紹介サービスです。運営しているのは、「はたらこねっと」「バイトル」などで有名な東証一部上場企業。公式サイトはこちらです。

 

ナースではたらこ」は、全国各地の医療機関情報を把握しているため、年収アップや子育てとの両立など、希望にあった職場が見つかりやすいことがメリットです。

 

独自のサービスとしては、働きたい職場を指名して応募する「逆指名制度」があります。すでに気になる転職先がある人は、この制度を利用すれば希望の職場で働ける可能性が高まります。

 

また、入職後もメールや電話で相談にのってもらえるという声をよく聞きますね。まだ慣れない職場でストレスを感じる時期に話を聞いてもらえるのは、看護師キャリアの全てを通して支えてくれる頼もしいサービスです。

 

ただし、「ナースではたらこ」にもデメリットがあります。

 

それは、登録後に面談をしてからでないと求人を紹介してもらえない点です。

 

電話やLINEで気軽に連絡を取りながら転職を進められるサービスがある中で、わざわざ直接担当者に合わないといけないのは少し面倒ですよね。

 

基本的には良いサービスではあるので、面談は少し面倒ではありますが、本気で転職を考えているときは相談してみるとよいでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

地方の求人を探している看護師におすすめする転職エージェント3選

 

続けて、地方求人を探している看護師におすすめしたい転職エージェント3社をご紹介します。

 

【1位】ナース人材バンク

【公式サイト】https://www.nursejinzaibank.com/

 

ナース人材バンク」は、年間約10万人以上の看護師が利用している看護師特化型の転職エージェントです。公式サイトはこちらです

 

ナース人材バンク」の特徴は、病院やクリニック、訪問看護、介護施設、治験など、全国の看護師求人が豊富なことです。雇用形態もさまざまなので、看護師はもちろん、准看護師、保健師、助産師、管理職など、希望にあった雇用形態で働けます。

 

また「ナース人材バンク」信頼性の高さや担当者の能力が評判です。利用者の声でよくあるのは、「希望条件に合った求人を根気強く探してくれた」「首都圏以外の求人も豊富」などの声ですね。

 

ブランクがあってなかなか転職が決まらない人や、地方での転職を希望している人でも、サポート経験豊富な地域専任のキャリアパートナーが求職者の立場で親身に転職先を探してくれるようです。

 

ただし「ナース人材バンク」のデメリットを挙げるとすると、「週1で届くおすすめ求人のメールが煩わしい」「参考にならない求人が送られてくる」などと感じる利用者もいることです。

 

勤務中や頻繁な連絡を避けたい場合は、事前にその旨を伝えておくと良いでしょう。

 

登録後はLINEで連絡のやり取りができるためレスポンスが早く、スピード感と安心感があります。これも「ナース人材バンク」を利用するメリットだと思います。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【2位】ナースパワー

 

【公式サイト】https://www.nursepower.co.jp/

 

ナースパワー」は、「看護師実求人数30年連続No.1」の転職エージェントです。業界最大級の全国17拠点で看護師求人や転職情報を紹介しています。公式サイトはこちらです。

 

ナースパワー」は民間初の看護師紹介所として35年以上の実績があり、転職決定者数10,000名、登録者の採用率91.3%を誇る老舗の転職エージェントです。厚生労働大臣認可取得とプライバシーマークも取得済のため、安心して利用できます。

 

登録者の採用率が高い理由は、「ナースパワーの紹介手数料が他社の4分の1~2分の1と格安だからです。医療機関がコストを削減できるため、看護師を積極的に採用しやすいのですね。

 

また、人手が不足している医療機関で一時的に勤務する「応援ナース」の求人が豊富なことも大きな特徴です。

 

「応援ナース」は一般的な病院と比べて高給与で、平均月収は約40万。正社員ではないため3~6ヶ月単位で雇用期間を決めて契約します。

まずは数か月「応援ナース」として働いてみて、気に入ったら正社員として就職するというやり方もあります。これならもしその職場が合わなかったとしても、経歴に傷をつけることなく転職できます。

 

ただし「ナースパワー」のデメリットを強いて挙げるとすると2つあります。

 

まず1つ目に、「応援ナース」の求人は人手が足りていないところが多いため忙しく、雰囲気がピリピリしている可能性もあります。

 

続けて2つ目に、「ナースパワー」は一般に公開されていない非公開求人を保有してません。そのため、好条件の非公開求人を期待している人にはおすすめできません。

 

もし「ナースパワー」を利用する際はこれらの点を考慮したうえで相談するとよでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【3位】Nsキャリア

 

【公式サイト】https://nscareer.jp/

 

Nsキャリア」の最大の特徴は、求職者が提示する希望条件で採用してくれる医療機関や施設がないかヒアリングして、求人案件をカスタマイズする「オーダーメイド求人」です。公式サイトはこちら

 

「オーダーメイド求人」とは、すでにある求人を紹介するのではなく、全国の医療機関や企業の中から求職者の希望や経歴に合ったベストな求人をつくってくれるサービスです。

一部の条件を妥協して転職先を決めるということがないため、入職後の満足度が高まります。

 

また医療系人材紹介でトップクラスの成績を誇る転職のプロが数多く在籍しているので、求人は出していないけれど実は採用を考えている施設の潜在的な求人も探してくれます。

 

さらに、一人の担当者がたくさんの利用者を担当する転職エージェントも少なくないなか、「Nsキャリア」ではあえてコンサルタントが担当する求職者の数を抑えています。一人一人に向き合う時間が確保でき、丁寧なヒアリングや手厚いサポートができるという声をよく聞きますね。

 

ただし「Nsキャリア」にもデメリットはいくつかあります。

 

まずは、検索できる求人が少ないことです。多くの公開求人の中から自分で探したい、たくさん求人情報を集めたい人は物足りなさを感じるかもしれません。

 

また、他の転職サービスと比較すると、「Nsキャリア」では具体的にどのようなサービスが受けられるのか公式サイトを見ただけでは分からないことですね。

 

実際には「Nsキャリア」は履歴書の添削や面接対策などの求人紹介以外のサポートもすべて無料で利用できます。もし、不安な人は事前にどんなサービスを受けられるかお問い合わせすると良いでしょう。

 

看護師の転職でおすすめしない転職エージェント

 

一方で、中の人が看護師の転職であまりおすすめしない転職エージェントは、「doda」や「リクルートエージェント」などの大手総合転職エージェントです。 

 

大手の総合転職エージェントの強みは守備範囲の広さですが、最大のデメリットは各業界の専門性が弱いことです。

 

特に看護業界の場合だと、大手の総合転職エージェントは看護師専門の転職エージェントに比べると求人が少ないですし、担当者が看護業界に詳しいとは限りません。

 

また看護業界とのつながりが浅く、看護師特有の悩みにも疎いため、転職してからのミスマッチが起こりやすいでしょう。

 

【まとめ】看護師転職の成功のポイントは「看護師専門の転職エージェント」を選ぶこと

 

看護師転職の成功のポイントは、「看護師に特化した転職エージェント」を利用して、豊富な看護師求人の中から希望に合った転職先を選ぶことです。

 

今回ご紹介した看護師専門の転職エージェントは、業界の動向や求職者の市場価値、適正な給料、現場の人間関係や雰囲気などをしっかり把握しています。

不利な条件で入職したり、職場環境が悪くすぐに転職を繰り返すなどの危険性が低いでしょう。

 

また、自力では限界がある自己分析や応募書類の添削、面接対策、待遇の交渉をサポートしてもらうことで、想定以上に満足感のある職場で働ける可能性も高まります。

 

あなたの看護師スタイルを叶えるため、看護師専門の転職エージェントを大いに利用しましょう。

 

本記事で紹介した、看護師の転職で「おすすめする転職エージェント」一覧(無料)

 

◆◆◆すべての看護師におすすめする転職エージェント(5選)◆◆◆

◆◆◆地方の求人を探している看護師におすすめする転職エージェント(3選)◆◆◆

 

【参考】業種別・年代別のおすすめ転職サイト・転職エージェントまとめ

また下記は「業種別・年代別のおすすめ転職サイト・転職エージェント」をまとめた関連記事になりますので、こちらも是非参考にしていただければ幸いです。

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp