転職サイトの中の人のここだけの話

転職サイト/転職エージェントの中の人のここだけの話 |年収1,000万円を狙えるおすすめ企業研究

某転職サイトと就活サイトの「中の人」です。日本の転職と就活の裏側や年収事情を「忖度なく」ストレートに語ることで、「このサイトだけ見ていれば、誰もが挑戦的なキャリアを描ける」ことを目指しています。

ワーママにおすすめの転職エージェント転職サイト14選 ~オススメしない転職サービスとの違いや評判を徹底比較・人気ランキング

このブログの人気記事

 

転職サイトの中の人 (@tennakanohito)です。

 

私は転職業界で10年以上働いていて、現在はある転職サイトの事業部長をしています。自分自身も過去に5回転職した結果、現在30代で年収1,500万円を得ており転職に成功しました。

 

本日は、ワーママが転職をする際に「オススメする転職エージェント・転職サイト」「オススメしない転職エージェント・転職サイト」について、転職市場の中の人の視点で解説します。

 

先に結論から言います。

  1. ワーママの転職で相談すべきなのは、リアルミーキャリアWoman Career by dodaLiBzCAREERのような、女性のキャリアへの理解があり、ワーママが活躍できる求人を持つ女性特化の転職サイト/転職エージェント」
  2. 特に育児も仕事も忙しいワーママには、「女性特化型の転職エージェント」がおすすめです。忙しい中でも効率的に転職活動を進められます。
  3. 一方で、「男性社員や独身女性社員の比率が高い企業」を薦めてくる転職エージェント/転職サイトは、ワーママへの理解が少なくあまりオススメしません(※もし薦めているサイトがあったとしたら、それは無知かアフィリエイト目的です)

  4. また、転職エージェントや転職サイトは会社によって得意な業界・職種が異なります。複数登録し自分に合うか比較するとよいでしょう(無料です)。

 

【執筆者】
転職サイト/就活サイトの中の人

某転職サイトと就活サイトの事業部長です。元コンサルタント。人材業界10年選手。25歳年収300万円の時に勤めた無名企業が倒産→転職4回で現在は年収1,300万円超です(最近5回目の転職をし年収1,500万円超になりました)。転職市場はブラックボックスが多い事に問題意識を感じ、本サイトにて「忖度なく」知っている事を話します。twitterフォロワーは合計8,000名超。
twitter:転職サイトの中の人
twitter:就活サイトの中の人

 

 

【まとめ】ワーママの転職で失敗しない「おすすめ転職エージェント・転職サイト14選」(※無料です)

【保存版】ワーママの転職におすすめの転職エージェント・転職サイト14選 ~業界別にオススメしない転職サービスと比較・ランキング

 

まず結論からお話しすると、中の人がワーママの転職でおすすめする転職エージェント・転職サイトは下記の通りです。14社ピックアップしました。

ちなみに下記の転職エージェント・転職サイトは全て無料で利用できます。

 

◆◆◆ワークライフバランスを重視するワーママにおすすめする転職エージェント(3選)◆◆◆

 

◆◆◆キャリアアップを目指すワーママにおすすめする転職エージェント(3選)◆◆◆

 

◆◆◆ワークライフバランスを重視するワーママにおすすめする転職サイト(5選)◆◆◆

 

◆◆◆キャリアアップを目指すワーママにおすすめする転職サイト(3選)◆◆◆

 

ここからは、「なぜ上記の転職サイト・転職エージェントがおすすめなのか?」について、理由を解説します。理由は2つあります。 

 

【理由1】「女性やワーママに特化した転職エージェント・転職サイト」を利用した方が、入社後活躍しやすい

 

なぜかというと、女性のキャリアに理解のあるキャリアコンサルタントが多く、そして求人を出す企業も女性を採用したい企業が多いからです。

例えば、女性に特化した転職エージェントやサイトとは下記のような企業です。

 

例)リアルミーキャリアLiBzCAREER女の転職typeとらばーゆ、など

 

女性に特化した転職エージェントやサイトの場合、女性にとって働きやすい職場の求人が掲載されていることが多く、入社してからの後悔を減らし、長期に渡って働ける企業を見つけることができます。

 

またワーママが重視する条件を各求人で必ずヒアリングできていることもメリットです。

 

「女性従業員や管理職の比率」や「産休・育休・時短の取得実績」「在宅ワークやリモートワークへの対応」「残業の有無」など、女性/ワーママ特化の転職サイトだからこそ、これらの情報が確実に掲載されています。

 

【理由2】忙しいワーママには、効率的に仕事を探せる「女性・ワーママに特化した転職エージェント」がおすすめ

 

なぜかというと、仕事と子育てを両立する忙しいワーママにとって、転職エージェントを活用する方が限られた時間の中で最大限効率的に転職活動を進められるからです。

例えば、女性に特化した転職エージェントとは下記のような企業です。

 

例)リアルミーキャリアWoman Career by dodaLiBzCAREERtype女性の転職エージェント、など

 

転職エージェントは、キャリアカウンセリングや条件にあった求人の紹介、面接対策や応募書類作成の手助け、面接の日程調整など、多岐に渡ってサポートをしてくれるため、忙しいワーママの非常に心強い味方となってくれます。

 

特にワーママや女性に特化した転職エージェントの場合、「社内の女性の活躍や昇給実績」や「産休・育休・時短の取得実績」など女性に特化した情報も知ることができます。

 

また通常の求人サイトでは掲載していない、非公開の情報を紹介してもらえることも、転職エージェントを利用する大きなメリットです。

 

 

ここからは、冒頭に挙げた「14の転職サイト・転職エージェントの特徴」について1社1社解説していきます。

 

ワークライフバランスを重視するワーママにおすすめする転職エージェント・3

まずは、「仕事と家庭の両立を目指すワーママ」におすすめしたい転職エージェント3社をご紹介します。

 

【1位】リアルミーキャリア

 

【公式サイト】https://www.realme-career.com/

 

リアルミーキャリア」はワーママ向けの時短勤務に特化した転職エージェントです。公式サイトはこちらです。毎月2,000人以上が新たに登録しており、ワーママにとても人気のサービスです。

 

リアルミーキャリア」の特徴は、「時短正社員の転職実績NO.1の転職エージェントである」点です。

扱っている求人は時短勤務(6時間~7時間/週5日)が可能な求人のみで、「時短勤務をしていても残業がある」「小1の壁が大変」など悩みを抱えるワーママ向けに特化した時短求人が豊富です。

 

また「リアルミーキャリア」のもう1つの特徴は、情報の登録から求人の紹介、キャリアコンサルタントとのやりとりまで全てLINEで完結できることです。忙しいワーママの隙間時間を活用して楽に転職活動できるようになっています。

 

ただし「リアルミーキャリア」のデメリットとして、求人が一都三県に限られるので地方に住む人には不向きだということがあります。地方の方は利用しにくいのはとても残念ですね。首都圏で転職を考えるワーママには是非利用してもらいたいサービスです。 

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【2位】リクルートエージェント

f:id:dannu:20200809021049p:plain

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

 

リクルートエージェント」は、リクルートが運営する日本で最大手の転職エージェントです。公式サイトはこちら です。

実は、中の人も一番最初の転職と2回目の転職でまっさきに相談したのが「リクルートエージェントでした。

 

リクルートエージェント」の特徴は、「日本で最も多くの求人数を保有していること」です。

女性の転職においても同様で、先ほど紹介したdoda以上に多くの求人を提案してくれます。

 

また全国展開なので、地方まで幅広い求人を網羅しており、またニッチな業界の求人も多く取り扱っています。そのためワークライフバランスを充実できる求人が見つかりやすいでしょう。

 

しかし「リクルートエージェント」のデメリットとして、女性に特化したエージェントチームではないため、女性を採用したい企業が男性求人の中に埋もれてしまうことが挙げられます。

 

とはいえ女性の転職支援実績は歴代NO.1ではあるので、dodaと並行してリクルートエージェントに相談することをおすすめします。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【3位】パソナキャリア

f:id:dannu:20211206092102p:plain【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/woman/

 

パソナキャリア」は派遣会社で有名なパソナが展開する、正社員転職に特化した転職エージェントです。公式サイトはこちらです。

 

パソナキャリア」の特徴は「リクルートとdodaに次ぐ求人数の多さ」「女性支援に特化したコンサルティングチームがあり、ワーママに寄り添ったキャリアサポートをしてくれる」点です。

 

パソナキャリア」は求人数ではリクルートやdodaに少し劣りますが、キャリアカウンセリングの質に力を入れている点で2社と差別化しています。

その結果として、3年連続オリコン顧客満足度NO.1を獲得しており、キャリアアドバイザーの質が高いことで知られています。

 

特に「パソナキャリア」は派遣会社がバックグラウンドであるため、女性のワークライフ事情を理解しているキャリアコンサルタントがとても多く、子育て中のキャリアコンサルタントも多く在籍してくれます。

 

パソナキャリア」のデメリットとしては、営業職やITエンジニア、管理部門など総合型の転職サービスのため、技術職や専門職向けの求人が少ない点です。

技術職や専門職に関しては、業界に特化した転職エージェントを利用するのがおススメです。

 

女性に手厚いキャリアアドバイスやリアルな情報が知りたい方は、パソナキャリアに相談してみてください。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

 

キャリアアップを目指すワーママにおすすめする転職エージェント(3選)

続けて、キャリアアップを目指すワーママにおすすめしたい転職エージェント3社をご紹介します。

 

【1位】Woman Career by doda

【公式サイト】https://doda.jp/woman/

 

Woman Career by doda」は日本最大の女性向け転職エージェントです。求人数が今回ご紹介するサイト14社中最も多く、600万円以上のハイクラス求人も豊富にあります。公式サイトはこちらです。

 

ちなみに、実は中の人も一番最初の転職で内定先が決まったのはdodaでした

 

特徴は「ワーママが重視する条件での検索ができる点」「ハイクラス求人も含めて、日本で最大級に求人数が多い点」です。

 

まず、ワーママのライフステージにあわせて無理なく働けるように、在宅勤務やリモートワークなど、ワーママが安心して働ける制度がある会社を条件で絞って検索できます。

 

また、サイトには求人は幅広い職種があり、首都圏も地方の求人も多いので、豊富な求人から自分に合った仕事を探せます。加えてエージェントサービスを利用すると、非公開求人約10万件の中から、あなたの条件にあう求人を紹介してもらえます。

 

中の人の知人のワーママもマミートラックでキャリアを諦めようか悩んでいた際、「Woman Career by doda」のエージェントサービスを利用していい求人を紹介して貰えたと話していました。

 

ただし「Woman Career by doda」のデメリットとしては、キャリアカウンセリングのサービスは、3ヵ月しか利用できないため、長期で転職を考えたい人には不向きな点です。

「転職活動を焦らずゆっくり進めていきたい」人は、「Woman Career by doda」の転職サイトを中心に活用した方がよいでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【2位】LiBzCAREER

【公式サイト】https://career.prismy.jp/

 

LiBzCAREER」はキャリアアップを目指す女性向けの求人サイトでは日本最大級の転職エージェントです。公式サイトはこちらです。

 

LiBzCAREER」の特徴は、「働き続けたいワーママに特化した求人が多い」点です。

リモートワークやフレックス制などの求人特集や、どんな人が働いているかの紹介、帰れる時間からの条件検索など、家庭との両立を大切にするワーママ目線の情報が豊富です。

 

また、女性に特化しているためキャリアコンサルタントがワーママならではの悩みに合わせて、相談に乗ってくれる点で利用者の評判がとてもいいようです。例えば、「経営陣も子育て中でママ社員の多い求人」も多数掲載されていました。

 

LiBzCAREER」のデメリットとしては、スカウトが非常に多く、一度に大量に送られてくるメールの中から自分に合う求人を探すのが大変な点です。

 

スカウトの多さ=転職チャンスの多さではありますが、上記のデメリットを勘案した上で利用してみてください。比較的よいエージェントだとは思います。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

 

 

【3位】type女性の転職エージェント

【公式サイト】https://type.woman-agent.jp/

 

type女性の転職エージェント」は女性向け転職サイト「女の転職type」や「転職type」と同じキャリアデザインセンターが運営する女性の正社員転職に特化した転職エージェントです。公式サイトはこちらです。

 

type女性の転職エージェント」の特徴は「女性向けサービスとして累計18年の蓄積された転職ノウハウでサポートしてくれる転職エージェント」であることです。

年間5,000人のキャリアカウンセリングを行い、女性の出産や子育てのライフイベントに合わせた豊富な転職支援実績を持っています。

そのことから、働くママ向けのキャリアカウンセリングノウハウに長けています。

 

また、「type女性の転職エージェント」はハイキャリアを目指す女性向けの求人が多く、人気企業とのパイプを多く持っています。

忙しいワーママであっても、求人の応募や面接日程の調整、年収の交渉も代行してくれるのでスムーズに転職活動を進められます。

 

ただし「type女性の転職エージェント」のデメリットとしては、求人は首都圏一都三県にほぼ限られるため地方に住む方には不向きだということです。また、非正社員のキャリアは比較的弱いです。

 

首都圏での正社員転職を目指す方にはおすすめできるエージェントですので、もし条件が合えば一度相談してみるといいでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

ワークライフバランス重視するワーママにおすすめする転職サイト5選

 

続けて、ワークライフバランスを目指すワーママにおすすめしたい転職サイト5社をご紹介します。

 

【1位】リクナビNEXT

女性が育児と仕事を両立できる仕事の選び方!時短勤務にこだわる必要なし?

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

 

リクナビNEXT」は国内最大手のリクルートが運用する、最も新着求人数が多い転職サイトです。公式サイトはこちらです。

 

様々なサービスが出てきた昨今において、昔も今も最も日本で使われている転職サイトです。中の人も1回目の転職の時は、リクナビNEXTを最も利用しました。

 

リクナビNEXT 」の特徴は、「他の転職サイトと比べて圧倒的な新着求人数の多さ」です。

業種や職種が幅広く、合計求人数は常時5万件以上あり、毎週3,000件程度の求人が更新されます。最近では高精度AIによるあなたに最適な求人の紹介に力をいれており、求人も探しやすくなっています。

 

リクナビNEXT 」のデメリットとしては、忙しいワーママにとって膨大な求人情報の中から自分に合う求人を探すのが大変な点です。これは転職サイト全般にも言えるデメリットですね。

リアルミーキャリア」や「リクルートエージェント」などと並行して活用し、効率的に転職活動を進めてみるといいと思います。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【2位】マイナビ転職女性のおしごと

f:id:dannu:20211206094030p:plain

【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp/woman/

 

マイナビ転職女性のおしごと」はリクナビNEXTやdodaに続き、業界3番目に知名度の高いマイナビ転職が展開する、女性に特化した転職サイトです。公式サイトはこちらです。

 

特徴は、「ワークライフバランスを重視した求人数の多さ」です。

マイナビ転職は、「マイナビ転職女性のおしごと」や「マイナビエージェント Woman Will」など、女性に特化した特設サイトを設けており、女性転職に力を入れています。

 

働き方や環境など条件に合わせて、時短勤務や託児付きの職場など様々なこだわり条件で求人を検索することができ、ワーママの評価が高い転職サイトです。

(女性目線で書かれたコラムも人気の秘密のようです)

 

マイナビ転職女性のおしごと」のデメリットとしては、マイナビ転職に掲載されている求人の中から男女どちらも募集している求人が表示されている場合があり、必ずしも女性向けの仕事ばかりではない点です。

 

ワーママが重要視する子育てに関する制度の取得実績や女性社員の比率など、気になる点は別のサービスでも並行して確認することをおススメします。

 

無料登録はこちら(30秒

 

 

【3位】エン転職WOMAN

銀座でエン転職・エン転職 WOMAN、梅田でエン転職のプロモーションを開始|エン・ジャパン株式会社のプレスリリース

【公式サイト】https://employment.en-japan.com/woman/

 

エン転職WOMAN」は日本最大級の新着求人数が多いエン転職の求人から女性の転職に特化させた転職サイトです。公式サイトはこちらです。

 

特徴は、「新着求人数の多さ」と「嘘や誇張のない詳細な求人情報」です。

 

エン転職WOMAN」は、リクナビNEXTやマイナビ転職に次いで多くの求人数があり、毎週1,200件の求人が掲載されており、その内80%が独自の求人です。

 

そして「エン転職WOMAN」では、現社員や元社員からの口コミ、実際の職場を動画情報を必ず掲載するポリシーを掲げており、「信頼性の高い転職情報」に定評があります。加えて、女性向けの検索条件や専属スタッフによるサポートを行っています。

 

デメリットとしては、利用者の70%以上が35才以下と若いビジネスウーマン向けの求人が多い点です。40代以上の方は他の転職サイトや転職エージェントと並行して転職活動する方が求人が集まりやすくおススメでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【4位】とらばーゆ

とらばーゆ|人気企業の事務職も多数!女性の転職はとらばーゆ

【公式サイト】https://toranet.jp/

 

とらばーゆ」はリクルートが運営する女性に特化した日本最大級の転職サイトです。公式サイトはこちらです。

 

とらばーゆ」は、日本で初めて女性の転職情報誌として創刊され、約30年間女性の転職をサポートしている転職サイトです。

 

特徴は、「ファッション、販売、エステ、看護師、美容師、医療事務」など女性に人気の職種の求人が多いことです。

また、正社員や契約社員、パートなど様々な雇用形態でライフステージにあわせてワーママが働き続けられる求人を紹介しています。

 

また「とらばーゆ」は運営母体であるリクルート社の日本最大の情報網を活かして、全国各地の求人を網羅していて、地方に住む人にとっても利用しやすいです。

 

一方で注意点としては、これは中の人の知人のワーママの話ですが、「とらばーゆで人気の医療系求人で検索するとあっという間に募集が終わってしまうとのこと。応募しても人気で全然連絡が来ないとなげいていました。

 

それほど女性からの知名度が高く、会員数が多いサイトです。もし「とらばーゆ」で人気の職種を希望する際は更新日には必ずチェックするなど、早めに応募するのがいいでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

 

【5位】はたらこindex

f:id:dannu:20211208073759p:plain

【公式サイト】https://www.office-hatarako.net/

 

はたらこindex」は派遣求人の「はたらこねっと」やアルバイト求人の「バイトル」を展開するdipが運営している女性の転職に特化した転職サイトです。公式サイトはこちらです。

 

特徴は、「女性向け転職サイトの中でトップクラスの求人数がある」ことです。

 

特に「事務やオフィス系」の仕事の求人などワークライフバランスを重視しているワーママが働きやすい求人が多いです。

正社員ではない形でとにかく短時間勤務を希望する女性にとって合う求人が多いですね。

 

一方で「はたらこindex」のデメリットとしては、派遣社員やパートの仕事が多く、正社員採用の求人が少ない点です。

 

とはいえ「育休明けで働いていたけど、家事や子育てでフルタイムを続けるのは難しい」と考えるワーママにとっては選択肢が広がる転職サイトだと思います。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

キャリアアップを目指すワーママにおすすめする転職サイト3選

 

続けて、キャリアアップを目指すワーママにおすすめしたい転職サイト3社をご紹介します。

 

【1位】BIZREACH

f:id:dannu:20211206092140p:plain

【公式サイト】 https://www.bizreach.jp/

 

ビズリーチ」は、日本最大のハイクラス転職サイトです。公式サイトはこちらです。実は中の人は、年収500万円を超えた転職では必ずビズリーチを利用しており、4回目の転職はビズリーチ経由で決まりました。

 

ビズリーチ」の特徴は、「年収600万以上のハイクラス向け求人が日本で最も多い」点です。

公開求人数の30%以上が年収1,000万円以上であり、キャリアアップを目指すワーママにおすすめです。

 

また「ビズリーチはあらゆる業界のヘッドハンターがスカウトサービスを利用しています。ヘッドハンターのスカウトを通じてキャリアアップを考える方は登録しておくといいでしょう。

 

ビズリーチ」のデメリットとしては、ハイクラスの転職サイトであるため登録審査があることです。

大体年収500万円前後か、それに相当するキャリアはないと登録できないといわれています。もし登録審査に落ちてしまった方は、他の転職サイトを利用しましょう。

 

なお有料月5,478円(税込)のプレミアムプランもあり、これを利用するとスカウト数が倍増し全ての求人に応募することができるので、個人的にはこれもおススメです

 

もちろん無料で「ビズリーチ」のほとんどのサービスが使えるので、まずは無料で登録してみてから検討するのが良いでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【2位】リクルートダイレクトスカウト

f:id:dannu:20211206092920p:plain

【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

 

リクルートが運営する、ビズリーチに続き日本で二番目に大きいハイクラス転職サイト、それが「リクルートダイレクトスカウト」です。公式サイトはこちらです。

こちらも中の人は30代以降の転職で毎回登録していますね。

 

リクルートダイレクトスカウト」の特徴は、「年収800万〜2,000万円の求人を多く保有している」点と「サービス利用料無料でリーズナブル」な点です。

 

同じヘッドハンティング型の転職サイトであるビズリーチが一部有料なのに対して、リクルートダイレクトスカウトは完全に無料で使えます。

 

もちろん「リクルートダイレクトスカウト」のデメリットとしては「ビズリーチ」よりもやや求人が少ないことが挙げられます。

ただ企業やヘッドハンターの中には、ビズリーチよりもリクルートダイレクトスカウトを積極的に利用している方も多いようですね。

 

これは中の人の知人のワーママの実例ですが、ご主人の転勤で仕事選びに悩んでいた際に、「リクルートダイレクトスカウト」を通じて"テレワーク勤務ができる求人"のスカウトを受けて、無事仕事と家庭を両立できる仕事に転職に成功されたそうです。入社後は家庭と仕事を両立できて、すごく喜んでいました。

 

家庭もキャリアアップも両立したいワーママは一度登録しておくといいでしょう。 

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【3位】女の転職type

f:id:dannu:20211206093355p:plain

【公式サイト】https://woman-type.jp/

 

女の転職type」は先ほど紹介したtype女性の転職エージェントや転職typeを運営するキャリアデザインセンターが展開する、女性に特化した転職サイトです。公式サイトはこちら です。

 

特徴は、「女性に特化した転職サイトでは最大手」であることです。

女の転職type」は、9割以上が正社員の求人で、働くママ歓迎の企業が多く、時短勤務やブランクOKの求人も多数掲載されています。

バリバリと働きたいワーママやワークライフバランスを保ちながら働きたいワーママ向けにおススメの総合型サービスです。

 

特に、女の転職typeは男性よりも女性を積極的に採用したい企業が多いため、入社後も女性の昇進に積極的な企業が多いです。キャリアアップを目指すワーママには利用をおススメします。

 

女の転職type」のデメリットとしては、求人数があまり多くないことでしょう。

ワーママの転職の場合、一般的には転職エージェントの方が求人が多いと言われています。他の転職エージェントと並行して利用する方がいいでしょう。 

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

ワーママの転職でオススメしない転職エージェント・転職サイト

f:id:dannu:20211208074106p:plain

 

一方で中の人があまりオススメしない転職エージェント・転職サイトは、「男性社員や独身女性社員の比率が高い企業」を薦めてくる転職エージェントや転職サイトです。

 

なぜなら、残業しないことに理解がなかったり、有給休暇や突発的な休みがとりにくい会社である場合が少なくないからです。

 

周囲が当然のように残業していたり、フルタイムで働いている場合、子どもが小さく残業ができない場合や時短勤務のワーママは精神的に気を遣って疲れてしまうこともあるでしょう。

 

また、ワーママに優しくない企業を1人で見極めるのは非常に難しいため、転職会議Openwork のような「転職口コミサイト」を使って、徹底的に情報収集をするようにしましょう。

 

なぜなら、「女性やワーママ積極採用」を掲げている企業であっても、実際は誰も産休・育休の取得実績がない場合もあるからです。

 

できるだけ「内部情報」を得ることがワーママが転職で後悔しないためのポイントです。

 

【まとめ】ワーママ転職の成功のポイントは、ワーママのキャリアを理解してくれる「女性に特化した転職エージェント・転職サイト」

f:id:dannu:20211210074621p:plain

 

繰り返しになりますがワーママのライフスタイルを理解してキャリアを考えてくれる「女性に特化した転職エージェント・転職サイト」を選んだ方がいいです。

 

なぜなら、そのようなサービスには女性を採用したい企業が多く集まり、女性が入社後活躍しやすいからです。またワーママが働きにくい環境を避け、転職での失敗を減らすことができます。

 

加えて転職活動中は、転職会議Openwork の口コミサイトを活用して、実際に企業で活躍する女性社員や企業の各制度の取得実績を必ず確認するようにしましょう。

 

そして内定承諾前に、仕事と家庭の両立が可能であるかシュミレーションをして、入社後のギャップをできるだけ減らすことが、無理なく働く上で大切です。

 

一般的には、転職活動は急がず頑張れば頑張るほどよい結果に結びつきやすいです。是非全力を尽くしてあなたに合う運命の一社を見つけてみてください。 

 

本記事で紹介した、ワーママの転職で「おすすめする転職エージェント・転職サイト」一覧(無料)

 

◆◆◆ワークライフバランスを重視するワーママにおすすめする転職エージェント(3選)◆◆◆

 

◆◆◆キャリアアップを目指すワーママにおすすめする転職エージェント(3選)◆◆◆

 

◆◆◆ワークライフバランスを重視するワーママにおすすめする転職サイト(5選)◆◆◆

 

◆◆◆キャリアアップを目指すワーママにおすすめする転職サイト(3選)◆◆◆

 

 

【参考】業種別・年代別のおすすめ転職サイト・転職エージェントまとめ

また下記は「業種別・年代別のおすすめ転職サイト・転職エージェント」をまとめた関連記事になりますので、こちらも是非参考にしていただければ幸いです。

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp