転職サイトの中の人のここだけの話

転職サイト/転職エージェントの中の人のここだけの話 |年収1,000万円を狙えるおすすめ企業図鑑

某転職サイトと就活サイトの「中の人」です。日本の転職と就活の裏側や年収事情を「忖度なく」ストレートに語ることで、「このサイトだけ見ていれば、誰もが挑戦的なキャリアを描ける」ことを目指しています。

【元ニートが語る】ニート・フリーターにおすすめの転職エージェント転職サイト9選 ~オススメしない転職サービスとの違いや評判を徹底比較・人気ランキング

このブログの人気記事

f:id:dannu:20220206120227p:plain

 

転職サイトの中の人 (@tennakanohito)です。

 

私は転職業界で10年以上働いていて、現在はある転職サイトの事業部長をしています。自分自身も過去に5回転職した結果、現在30代で年収1,500万円を得ており転職に成功しました。

 

本日は、ニート・フリーターの方が転職をする際に「オススメする転職エージェント・転職サイト」「オススメしない転職エージェント・転職サイト」について、転職市場の中の人の視点で解説します。

 

また、本記事を書くにあたり、元ニート・元フリーター・の方にインタビューを行いました。そのため表面上の内容ではない「手触りのある情報」が得られると思います。

 

先に結論から言います。

  1. ニート・フリーターの転職で相談すべき転職サービスとは、マイナビジョブ20's就職shopのような「ニート・フリーターに特化した就職支援サービスを無料でイチから全力で提供してくれる転職エージェント」

  2. 一方で、リクルートエージェントなど一般的な大手転職エージェントは、現在大企業に勤めている人向けのサービス。ニート・フリーターの転職ではあまりオススメしない(※もし薦めているサイトがあったとしたら、それは無知かアフィリエイト目的です)

 

【執筆者】
転職サイト/就活サイトの中の人

某転職サイトと就活サイトを運営する会社の役員(CxO)です。元コンサルタント。人材業界10年選手。25歳年収300万円の時に勤めた無名企業が倒産→転職4回で現在は年収1,300万円超です(最近5回目の転職をし年収1,500万円超になりました)。転職市場はブラックボックスが多い事に問題意識を感じ、本サイトにて「忖度なく」知っている事を話します。twitterフォロワーは合計10,000名。
twitter:転職サイトの中の人
twitter:就活サイトの中の人

 

 

【まとめ】ニート・フリーターの転職で失敗しない「おすすめ転職エージェント・転職サイト9選」(※無料です)

f:id:dannu:20220206120430p:plain

まず結論からお話しすると、中の人がニート・フリーターの転職でおすすめする転職エージェント・転職サイトは下記の通りです。「9社」ピックアップしました。

ちなみに下記の転職エージェント・転職サイトは全て無料で利用できます。

 

◆◆ニート・フリーターにおすすめする転職エージェント(5選)◆◆◆

◆◆◆ニート・フリーターの方におすすめする転職サイト(4選)◆◆◆

 

ここからは、「なぜ上記の転職エージェント・転職サイトがおすすめなのか?」について、理由を解説します。理由は2つあります。

 

【理由1】社会人経験が少ないニート・フリーターでも、親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントだから

f:id:dannu:20220206120630p:plain

 

なぜなら、上記で紹介した転職エージェントは、有利になるキャリアが少ないニート・フリーターでも、親身になってしっかり相談に乗ってくれ、就活/転職対策を徹底的にしてくれるからです。

 

そもそも、ニート・フリーターの方が一般的な大手転職エージェントを利用すると、登録を断られることが多くあります。

 

なぜなら、一般的な大手転職エージェントは正社員としてのキャリアがある人向けの求人に特化しているからです。

 

だから、ニート・フリーターの方に合う求人がほとんどないのでニート・フリーターの支援は断るケースが少なくないのです。

 

一方で今回紹介する、マイナビジョブ20's就職shopDYM就職のような転職エージェントは、ニート・フリーターの方でも正社員として受け入れてくれる会社の求人に特化しているので、ニート・フリーターの方でもほぼ間違いなく利用することができます。

 

また今回紹介するエージェントは、中卒・高卒など学歴に自信がない方でも利用できることが多いですね。

 

【理由2】転職で絶対に必要な履歴書・職務経歴書の添削をニート・フリーターでも丁寧に行ってくれ、書類選考通過率がUPする

f:id:dannu:20220206120957p:plain

 

転職をする際には、履歴書や職務経歴書を必ず書かなくてはいけません。そして最初の選考である「書類選考」は履歴書+職務経歴書だけで判断されるケースがほとんどで、目立った経歴がないニート・フリーターにとってここで落とされることが非常に多いです。

 

しかし、今回紹介し転職エージェントに登録すれば、ニート・フリーターでも効果的な履歴書・職務経歴書になるように添削を無料で行ってくれます。

 

例えばこれは中の人の知人の元ニートの話ですが、

 

就職shopに登録して、自分で書いてみた履歴書を添削を行ってもらった所、かなり修正をしてくれて驚いた。言葉の使い方や言い回しなど細かいところまで修正がくるので、本来自分が使っている言葉が間違っていることに気づいた。そして自信を持って履歴書出すことができ、実際に書類通過率は大幅にアップした」

 

と、中の人に語ってくれました。

経歴に自信がないニート・フリーターでもうまくアピールする方法を持っている「ニート・フリーター専門のエージェント」と共に転職活動を進めることを強く推奨します。

 

ここからは、冒頭に挙げた「9の転職サイト・転職エージェントの特徴」について1社1社解説していきます。

 

ニート・フリーターにおすすめする転職エージェント5

 

まずは、ニート・フリーターにおすすめしたい転職エージェント5社をご紹介します。

 

【1位】マイナビジョブ20’s

f:id:dannu:20220206121038p:plain

【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

 

マイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)」は20代の転職を専門にサポートしている転職エージェントです。公式サイトはこちらです。

 

マイナビジョブ20's」の特徴は3つあります。

 

1つ目は、マイナビジョブ20's」は20代全般の支援に特化しているので、ニート・フリーターの方でも20代であれば手厚いサポートを受けれることです。

 

ニートやフリーターでも安心して就活ができるように、専任アドバイザーがつき個人カウンセリングを行ってくれるのですが、マイナビジョブ20'sは必ず適性検査をやってくれるので、自分が向いているものや強みなどが客観的に分析してくれます。

 

特にニートやフリーターの人は自己分析など自分のことがわからない人が多いと思いますが、社会人経験が少ないニートやフリーターでも、どういった企業に向いているかを判断することができるでしょう。

 

2つ目は、紹介求人の「質」が、トップクラスに充実していることです。

 

紹介可能な求人数は常時2,500社あるのですが、日本を代表する大企業や上場企業が非常に多く含まれていることが、20代の第二新卒・フリーター・ニートに特化したサービスの中では他社に例がなく特徴的です。

 

3つ目は、利用者数と実績がとても多いことです。

 

マイナビジョブ20's」は利用者が累計22万人を突破し、転職定着率が94.6%とかなりの人が転職を成功させています。基本的には高確率でニート・フリーターの力になってくれると思います。

 

ただし、「マイナビジョブ20's」にも限界があります。

 

それは、求人が関西や東海などの大都市や首都圏が中心になっているので、そのほかの地方の求人数が少なく、カウンセリング会場も遠くて手軽にサポートは受けにくいことです。

 

マイナビジョブ20's」を利用する場合は、ご自身の地域は対象なのか充分なサポートをしてもらえるのかを調べたほうがいいでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【2位】就職shop

f:id:dannu:20220206121110p:plain

 

【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

 

就職shop」はリクルートが運営する、ニート・フリーターでも未経験から就職できる求人だけを紹介してくれる転職エージェントです。公式サイトはこちらです。

 

就職shop」の特徴は3つあります。

 

1つ目は、就職shopの求人は全て書類選考なしで応募できるということです。ニートやフリーターだった人でも内定可能性が高い企業だけを受けることができます。

 

2つ目は、就職shopの紹介企業は10,000社と非常に多い一方、基本的に信頼性がとても高いということです。

 

就職shop」が紹介する企業は、全て就職shopが実際に足を運んで直接企業に訪問し取材した企業だけを掲載しています。そのため、信頼できる企業が多いです。

 

これは元利用者の方に聞いた話ですが、「就職shopはアドバイザーが労働環境や職場の雰囲気を直接取材した上で説明をしてくれるので、自分が働く姿をとても想像しやすかった」と中の人に語ってくれました。

 

3つ目は、ニートやフリーター向けの面接対策講座やセミナーが非常に充実しているということです。

 

履歴書の書き方をはじめ、面接での自己紹介、志望動機、効果的な自己PRの仕方など、社会人経験がほぼなくても面接で自分自身のことをしっかり伝えるための練習をアドバイザーのカウンセリングや講座で非常に丁寧にしてくれます。

 

ただし、「就職shop」にもデメリットがあります。

 

それは、サポートしてくれるアドバイザーに当たり外れがあるということです。

 

元利用者の方に話を聞いたことがあるのですが、「アドバイザーによっては、面談の時もどこか無愛想であまり親身になって話を聞いてくれなかったり、的確なアドバイスがもらえなかったりする方もいた」と中の人に語ってくれました。

 

そんな時は、アドバイザーを変更してもらうように連絡しするとよいでしょう。そうすることで親切なアドバイザーがついてくれます。就職shop」を利用する際はこの点を留意した上で利用しましょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【3位】DYM就職

f:id:dannu:20220206121311p:plain

 

【公式サイト】https://www.dshu.jp/

 

DYM就職」はフリーター・既卒・ニート・第二新卒の就職に特化した転職エージェントです。公式サイトはこちらです。

 

DYM就職」の特徴は3つあります。

 

1つは、フリーターやニートでも書類選考なしで選考してくれる企業をとても数多く紹介してくれることです。

 

20代の未経験の若手人材を求める企業との太いパイプを多く持っているため、ニートやフリーターの方でも書類選考に弱いハンデを克服できる企業を多く紹介してくれます。

 

加えて、「DYM就職」の求人取扱企業は一部上場企業をはじめ2,500社と非常に多いので、自分に合った企業を見つけやすくなっています。

 

2つ目は、フリーターやニートの転職について豊富な就活ノウハウを持っており、手厚いサポートを提供してくれることです。

 

DYM就職」はニート・フリーターへのサポートとして、面接練習や書類作成指導、服装指導まで就職をするまで1から指導してくれます。初めての就職やニートやフリーターからでも安心して就職までの準備ができます。

 

3つ目は、ほぼ全国でサービスを展開していることです。

 

DYM就職の拠点は東京・札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡と全国の主要エリアを全てカバーしています。

 

加えて現在はコロナの影響もあり、面談は全てオンラインでも実施してくれるので、不要な外出を控えることができます。

 

ただし、「DYM就職」にもデメリットがあります。

 

それは、求人数が多いがゆえに扱っている求人が優良求人ばかりではないことです(もちろん優良求人も多くありますが)。

 

そのため、DYM就職から紹介された求人が本当に優良求人なのか、自分の条件と照らし合わせて自己責任でリサーチすることが必須になります。「DYM就職」を利用する際はこの点を注意した上で利用しましょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【4位】JAIC「就職カレッジ」

f:id:dannu:20220206121435p:plain

 

【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/sales/

 

JAIC「就職カレッジ」」は、20代のフリーターやニートに特化して、独自の無料教育プログラムと面接確約企業を紹介してくれる転職エージェントです。公式サイトはこちらです。

 

JAIC」は、ニートやフリーター、中退での就職成功率が81.1%と非常に高く、入社後の就職定着率も91.5%と非常に高い実績を持つ転職エージェントです。その高い実績から今までに340のテレビとメディアに取材されています。

 

JAIC」の特徴は2つあります。

 

まず最大の特徴は、「無料の2週間の就活講座」によりニート・フリーターでも就職成功率が非常に高いことです。

 

就活講座は、面接対策やビジネスマナー、営業研修などの社会人として即戦力で働くための基礎を2週間の間、無料で徹底的に学ぶことができます。そのため、社会人としての土台ができた状態で就活することができます。

 

加えて講座に参加したとしても、必ずしもJAIC経由で転職/就活先を決める必要はないルールになっているため、ニート・フリーターにとっては全くが損がない講座となっているといえるでしょう。

 

もう1つの特徴は、「ニートやフリーターでも書類選考なしで面接確約してくれる企業を紹介してくれる」点です。

 

なぜならJAICは高い教育/紹介実績を持っているので、「JAIC経由ならば書類選考は必要ない」と考えるスポンサー企業を数多く保有しているのです。

 

普通の転職だと書類選考がありますが、ニート・フリーターの方ほどそこで何を書いたらアピールになるのかわからない人も多いと思いますが、この不安を払拭することができます。

 

ただし、「JAIC」にもデメリットもあります。

 

それは「JAIC」は営業の求人が多いということです。営業に転職したい人にとっては良いですが、営業の仕事に興味がない人にとっては就職の幅は狭くなるでしょう。

 

とはいえ、「JAIC」の2週間の就活講座は内容はハードだがとても勉強になった/参加してよかったという声も非常に多く聞きます。

 

講座は全て無料ですので、就活に自信がないニート・フリーターの方はJAICの講座とサポートを検討してみるといいでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【5位】ハタラクティブ

f:id:dannu:20220206121910p:plain

【公式サイト】https://hataractive.jp/

 

フリーター/既卒/非大卒の方など「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」に特化した就職/転職エージェント。それが「ハタラクティブです。公式サイトはこちらです。

 

ハタラクティブ」の特徴は3つあります。

 

1つ目の特徴は、「ハタラクティブ」は自分の経歴に自信のない方ほど利用して就活に成功している傾向があるということです。

 

利用ユーザーは全員が10~20代、そして40%以上が社会人経験なし、50%以上が大卒以下と、社会人未経験のニート・フリーターの方の利用割合が高くなっています。

それにも関わらず、利用者の内定率は80.4%と、カウンセリング実績は合計110,000人と、非常に高い実績を出しています。

 

2つ目は、就職に自信がない方やニート・フリーターの人に特化した充実したサポート体制です。

 

ハタラクティブ」のカウンセラーの方は、マンツーマンで自分の特徴や興味があることを引き出してくれ、自分に合う企業を提案してくれます。また企業のメリットやデメリットを明確に教えてくれるので、ミスマッチが起こりにくいです。

 

そして面接対策も、企業の特徴に合わせた面接対策を行ってくれます。

 

例えばこれは中の人の知人の元ニートの話ですが、

 

「ハタラクティブで1社目を受けて面接で落ちてしまったとき、

『この言い方だと自分の良さが相手に伝わらないので、次回はこう伝えよう』

『企業に自分を売り込まないといけないから、XXXのように次回は伝え、企業側に採用するメリットを伝えよう』

と、カウンセラーの方にアドバイスをもらいました。自分を第三者の目線で的確に分析し一緒に回答を考えてくれたので、次の面接で改善し内定を得ることができました」

 

と中の人に語ってくれました。

 

ハタラクティブ」は万が一面接が落ちた場合、ダメだった点やよかった点などのフィードバックを的確に受けることができるので、その後の面接までに自信をつけて挑むことができるでしょう。

 

そして3つ目の特徴は、首都圏・関西・東海に加え九州にも拠点をあることです。そのため地方の方でもサポートを受けることができます。

 

もちろん「ハタラクティブ」にも限界が2つあります。

 

まず1つ目は、「ハタラクティブの求人も準大手・ベンチャー・中小企業の求人が中心だということです。高収入の求人は残念ながらそんなに多くないでしょう。

 

もう1つの限界は、全体の求人数は常時3,000件以上と少なくはないが多くもないということです。

 

そのため「ハタラクティブ」を利用する際は、「まずは知名度にこだわらず安定企業で社会人経験を積もう」、という気持ちの時に利用するとよいでしょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

ニート・フリーターにおすすめの転職サイト4

 

続けて、ニート・フリーターにおすすめしたい転職サイト4社をご紹介します。

 

【1位】リクナビNEXT

リクナビネクストはブラック企業の求人は多いのか?転職で登録した私の評価 | 転職エージェントの鬼

 

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

 

リクナビNEXT」は国内最大手のリクルートが運用する、日本で最も新着求人数が多い転職サイトです。公式サイトはこちらです。

 

様々な転職サービスが出てきた昨今において、昔も今も最も日本で使われている転職サイトです。中の人も1回目の転職の時は、リクナビNEXTを最も利用しました。

 

リクナビNEXT 」の特徴は、「他の転職サイトと比べて圧倒的な新着求人数の多さ」です。

 

業種や職種が幅広く、合計求人数は常時5万件以上あり、毎週3,000件程度の求人が更新されます。最近では高精度AIによるあなたに最適な求人の紹介に力をいれており、求人も探しやすくなっています。

 

リクナビNEXT 」のデメリットとしては、膨大な求人情報の中から自分に合う求人を探すのが少し大変な点です。これは転職サイト全般にも言えるデメリットですね。

 

これは中の人の知人の元フリーターの方の体験談ですが、

「リクナビNEXTは求人数が多いが、何を基準に選べばいいか分からなかったので、フリーター・ニート向けの転職エージェントにも相談した。すると自分を第三者の目線で見てくれた的確なアドバイスのおかげで、転職することができた」

と中の人に語ってくれました。

 

リクナビNEXTは、冒頭に紹介した、マイナビジョブ20's就職shopDYM就職のようなニート・フリーターに強い転職エージェントと併用して利用すると、求人探しがスムーズになると思います。

 

無料登録はこちら(30秒

 

  

【2位】doda

f:id:dannu:20200630233645j:plain

【公式サイト】https://doda.jp/

 

doda」は日本で第2位の規模の転職エージェント+転職サイトです。公式サイトはこちらです。実は中の人も一番最初の転職で内定先が決まったのはdodaでした。

 

doda」の特徴は2つあります。

 

1つは、「転職サイトと転職エージェントが一体となったサービス」だということです。

 

そのため、転職サイトで見つけた良い企業について、アドバイザーに詳しく聞くことができるので、正確かつ深く企業の情報を収集できます。

 

もう1つは、サイトには求人は幅広い職種があり、首都圏も地方の求人も多いことです。

 

加えてエージェントサービスを利用すると、非公開求人約10万件の中からあなたの条件にあう求人を紹介してもらえます。

 

一方で「doda」にも限界があります。

 

それは「doda」の転職エージェントサービスは、ニートやフリーターで社会経験が少ない方や会社のマナーなどが全く分からない方の場合、支援が薄くなったり、支援を断られたりする場合があることです。

 

なぜならdodaのサポート体制は、もともと社会人経験がある人を前提としてサービスだからです。社会人経験がないニート・フリーターにとっては支援が合わないと感じることもあるでしょう。

 

そのため、dodaは転職エージェントサービスが合わないと感じたら、転職サイトのサービスだけ利用するようにしましょう。

 

公式サイトはこちら(登録無料)

 

 

【3位】Re就活

f:id:dannu:20220206122253p:plain

【公式サイト】https://re-katsu.jp/career/

 

Re就活」は第二新卒・既卒・20代専門の就活/転職サイトでは、日本最大の就活/転職サイトです。公式サイトはこちらです。

 

Re就活の特徴は、2つあります。

 

1つ目は、日本の20代・第二新卒向けの就活/転職サイトの中で、最も早くから開設されたサイトであり、日本最大の規模のサイトだということです。

 

現在、Re就活会員登録者数は180万人を超えており、掲載求人は常時10.000件以上あります。

 

2つ目は、20代未経験向けの求人が非常に多く、ニートやフリーター・既卒・第二新卒でも受かるチャンスが他のサイトに比べて高いということです。

 

なぜなら、Re就活に掲載する企業は「新卒採用の代わりとして将来を担う若手20代人材を採用して、じっくり育てたい」という考えからをこのサービスを利用する場合が多いからです。

 

但し、「Re就活」にも限界があります。

 

それは、大手企業というより中小企業・ベンチャーの求人が多いことと、30代以上に対応した求人は少ないことです。

 

Re就活」を利用する際は、上記の限界を勘案した上で利用するようにしましょう。

 

無料登録はこちら(30秒)

 

 

【4位】マイナビ転職

f:id:dannu:20220206122412p:plain

 

【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp/

 

マイナビ転職」はリクナビNEXTやdodaに続き、業界3番目に知名度の高い転職サイトです。公式サイトはこちらです。

 

マイナビ転職」の特徴は2つあります。

 

1つ目は、「リクナビ転職・dodaに匹敵するほど求人数が多い」ということです。

 

常時1.8万件の求人が掲載されており、リクナビNEXTやdodaに掲載されていない独自求人もとても多くあります。

求人の種類としては、営業、サービス、事務などの求人が多いです。また全国各地で無料で転職フェアを実施しています。

 

2つ目は、サイト上の「転職支援機能」が色々充実していることです。ここでは2つの機能を紹介します。

 

まず1つ目に紹介する機能は「適正診断サービス」です。

 

受けると自分の強みや弱み、どんな職種がいいのかを診断してくれます。自分の適性がよくわかっていないニート・フリーターの方は、適正診断を受けてどんな職業に向いているかを診断してから求人をみるとよいと思います。

 

もう1つ紹介する機能は「転職ノウハウ動画サービス」です。

 

「面接でのマナー」面接のコツ」「書類選考を突破するための履歴書・職務経歴書の書き方対策」など豊富な対策動画が掲載されています。

社会人経験が少ないニート・フリーターの方や、転職が初めてで不安な人はこれを一通り目を通しておくと対策が大いに進むので、利用することをおすすめします。

 

ただし、「マイナビ転職」にも限界があります。

 

それは、転職スケジュール調整や面接・書類対策は、最終的には全て自分で対応しないといけないことです。これは他の転職サイトにも言えることではありますね。

 

もし1人で転職活動・就活を進めることに不安がある人は、マイナビジョブ20's就職shopDYM就職のニートに強い転職エージェントと極力併用することをオススメします。

 

公式サイトはこちら(登録無料)

 

 

ニート・フリーターの転職でオススメしない転職エージェント・転職サイト

f:id:dannu:20220206122458p:plain

 

一方で、中の人がニート・フリーターの方にあまりオススメしない転職エージェント・転職サイトは、「大手企業の求人ばかりを取り扱っている所です。

 

なぜなら、これは現在大手企業に正社員として勤めている方向けのサービスであり、簡単にいうとニート・フリーターの方にはハードルが高いからです。

 

だからニートやフリーターの場合は、社会人未経験者でも歓迎してくれて、社会人未経験者向けのサポートがしっかりしているサービスを選びましょう

 

【まとめ】ニート・フリーターの転職の成功のポイントは「手厚いサポートを受け自信を持って就活すること」

f:id:dannu:20220206122557p:plain

 

繰り返しになりますが、ニート・フリーターの方がサービスを利用するときは、社会人経験が少ないニート・フリーターの状況に特化した形でサポートが充実している転職エージェントや転職サイト、を選びましょう。

 

特に、転職エージェントの方が社会人経験がほぼないニート・フリーターにとって厳しかったり、冷たかったりすると自信もなくしますし、再びニート・フリーターの生活に戻りやすくなります。

 

だからニート・フリーターの方が就職をするにあたっては、「自分に自信を持たせてくれて、自分の立場をわかってくれる転職エージェント」を選ぶようにしましょう。

 

本記事で紹介した、ニート・フリーターの転職で「おすすめする転職エージェント・転職サイト」一覧(無料)

 

◆◆ニート・フリーターにおすすめする転職エージェント(5選)◆◆◆

◆◆◆ニート・フリーターの方におすすめする転職サイト(4選)◆◆◆

 

【参考】業種別・年代別のおすすめ転職サイト・転職エージェントまとめ

また下記は「業種別・年代別のおすすめ転職サイト・転職エージェント」をまとめた関連記事になりますので、こちらも是非参考にしていただければ幸いです。

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp

www.jobdirect.jp