職務経歴書の書き方

ジョブダイレクトで、ハローワーク、求人・転職サイト、企業サイトの求人情報を総合的に検索

仕事発見サイト!ジョブダイレクト

検索条件を選択する

これで完璧 職務経歴書の書き方

職務経歴書はあなた自身のプレゼンテーション資料

職務経歴書や履歴書の書き方にはいくつかのポイントがあり、それぞれのポイントを意識して作成する事が重要です。せっかくのアピールポイントも書き方によっては響かないものとなってしまいます。
採用担当者に興味を持ってもらうためには、読みやすく、わかりやすいものであることが大前提です。書類作成能力や表現力が問われるものにもなりますので、具体的かつ簡潔に記述することを心がけましょう。

キャリアに合わせてどちらかのフォーマットを選択してください。

時系列タイプ↓書き方を見る

職務経歴を、配属先ごとに時系列で記述する方法で、一般的な書き方。 新しい職務経歴ほど、詳しく書く方が良い。

こんな方におすすめ

  • ■同じ職種や、特定の業務に長年携わってきた方。
  • ■営業職や事務系職種など幅広い職種。

プロジェクトタイプ↓書き方を見る

職務経歴を、プロジェクトや職務内容ごとに記述する方法。同じ業務経験(キャリア)であれば、異なった部署でも、ひとまとめにすることが可能。経験した職務内容を分かりやすく説明できる。

こんな方におすすめ

  • ■エンジニアや専門職など、プロジェクト単位で仕事を進める職種。

時系列タイプ/プロジェクトタイプ

サンプルで見る職務経歴書の書き方~時系列タイプ~

職務経歴
  • いつからいつまで、どこの部署・部門で、具体的に何の業務に携わってきたかを整理して、時系列で記入する。
業務内容(時系列タイプ)

【在籍した会社について】

  • 上場か未上場か、業種、従業員数などをそれぞれ整理する。
    うろおぼえの場合は、会社案内、ホームページなどで確認する。

【業務内容】

  • 年月・配属先・職務等を見出しとして立てる。
  • 文章は横書きで、主語は省略し、箇条書きでできる限り簡潔に書く。
  • 仕事によってどのような実績を残したか(売上・利益、業務改革、コスト削減、顧客満足度の向上等)を記入する。
  • 数値で表せるものは、できるだけ具体的な数値を用いて表現する。
取得資格等
  • 応募先の会社や職種に関係なく、持っている資格は全て取得年順に記入する。
  • 名称は正式名称を記入する。
  • 取得を目指して勉強中のものがあればその旨を添えて記入する。
得意分野/スキル
  • 取得した業務知識、アプリケーションの開発スキル、マネジメントスキルなどを記入する。
自己PR
  • 自分自身がこれから発揮できる能力や仕事に対する思いなど、アピールしたい点について整理する。
  • 新しい職場でどのような仕事をしたいと思っているか、またその理由を記入する。

時系列タイプ/プロジェクトタイプ

サンプルで見る職務経歴書の書き方~プロジェクトタイプ~

免許・資格
  • いつからいつまで、どこの部署・部門で、具体的に何の業務に携わってきたかを整理して、時系列で記入する。
業務内容(プロジェクトタイプ)

【在籍した会社について】

  • 上場か未上場か、業種、従業員数などをそれぞれ整理する。うろおぼえの場合は、会社案内、ホームページなどで確認する。

【期間】

  • プロジェクトの開始、終了年月を記入する。カッコ書きで期間を記入するとなお良い。

【プロジェクト内容】

  • プロジェクトの内容とその重要性、取得した業務知識などを具体的に説明する。

【開発環境】

  • プロジェクトで使用した言語や、OS・使用機種などの開発環境を具体的に記入する。

【役割】

  • プロジェクト内での役割、プロジェクトチームの人数(規模)などを記入する。
取得資格等
  • 応募先の会社や職種に関係なく、持っている資格は全て取得年順に記入する。
  • 名称は正式名称を記入する。
  • 取得を目指して勉強中のものがあればその旨を添えて記入する。
得意分野/スキル
  • 取得した業務知識、アプリケーションの開発スキル、マネジメントスキルなどを記入する。
自己PR
  • 自分自身がこれから発揮できる能力や仕事に対する思いなど、アピールしたい点について整理する。
  • 新しい職場でどのような仕事をしたいと思っているか、またその理由を記入する。

まずは会員登録(無料)

おすすめ転職コンテンツ

年収査定・市場価値診断