これからは面接力!あなたがフリーターから抜け出すためのポイント

ジョブダイレクトで、ハローワーク、求人・転職サイト、企業サイトの求人情報を総合的に検索

仕事発見サイト!ジョブダイレクト

検索条件を選択する

これからは面接力!あなたがフリーターから抜け出すためのポイント

あなたに必要なのは、ずばり面接力! どんな面接でも物怖じせず受け答えできる面接力を身に付ければ、希望する企業への転職も夢ではありません。 面接が苦手、という人でも、ポイントを抑えて努力すれば、面接力はきっと身に付きます。 ここでは、あなたがフリーターから抜け出すためのポイントを、実際に面接でよく交わされる質問を踏まえながらご紹介します。

広告

  • 過去の経歴を未来につなげる

    転職回数が多い人の面接では、必ずといって良いほど転職の理由を聞かれます。 理由によっては、それが原因で採用を見送られるということも当然あるでしょう。 転職した、という経歴をその場でごまかすことはできません。 大切なのは、転職理由をどのように伝えるか、その答え方にあります。 答え方次第では採用選考に不利にならない、むしろプラスになるような印象を与えることも十分に可能です。 では、面接力が高い人は、この質問にどう答えるのでしょうか。
    まず、転職をしたという経歴をプラスに捉えてもらえるよう、ポジティブな答え方をすることが鉄則です。 「将来に向けて必要なスキルを身につけるために転職が必要だった」と伝えれば、転職の回数はスキルアップに挑戦した回数になり、印象も大きく変わります。 この、過去の経歴を未来につなげる、というのが大事なポイント。 「目的を達成するために転職をしたんだ」と思ってもらえるように、明るく前向きに答えていきましょう。 さらに「この会社なら目的を達成できる」というところに結びつければ、志望動機もバッチリです。

  • 「フリーターになってしまった」ではなく「フリーターを選んだ」

    定職に就かずにフリーターを続けていた人の面接では、定職に就こうとしなかった理由を聞かれるはず。 聞かれたくないポイントかもしれませんが「これまで定職に就こうとしなかった理由」と「このタイミングで転職を考えている」理由の両方で、矛盾のない説明ができるようにしっかりと準備しておきましょう。
    定職に就くことを諦めてフリーターという立場に逃げた、と思われる理由は絶対にNG。 「なってしまった」ではなく「自ら選んだ」という印象を与えられるような、説得力のある理由が必要です。 ただし、フリーターとしてどのような経験を得ようと考えていたのか、また実際にどのような経験ができたのか、それを今後どう活かしていくのか、という点までしっかり答えられるようにしておかなければなりません。 大切なことは、安易な選択肢に逃げたと思われないこと。 明確な理由を持って行動しているのだということをアピールするためにも、毅然とした態度で受け答えしていきましょう。

  • 努力すれば、面接力は必ず身に付く

    面接力は、努力すれば必ず身に付きます。 まずは、どんなこともポジティブに捉え直せるよう、考え方から変える努力をしましょう。 転職をしたことや、フリーターをしていた経歴を負い目に感じる必要はありません。 逆に、他の人にはない武器があると考え、それをどうやって面接に活かすのかを考えたほうがずっと建設的です。 自分のこれまでの経歴を振り返って、反省するべきところは反省し、将来に活かせるところはきちんとアピールしていくこと。 これさえ心がけていれば、面接を怖がる必要はありません!

広告