あなただけ!?周囲と差をつけられる履歴書の送り方

ジョブダイレクトで、ハローワーク、求人・転職サイト、企業サイトの求人情報を総合的に検索

仕事発見サイト!ジョブダイレクト

検索条件を選択する

あなただけ!?周囲と差をつけられる履歴書の送り方

意外と知られていないのが、履歴書の正しい送り方。 アルバイトなら手渡しで、ということもあるでしょうが、転職の場合には、まず郵送することがほとんどです。 ということは、履歴書の送り方や封筒の宛名書きも、採用担当者がチェックするポイントになります。 ここで他の志望者と差をつけて、選考を有利に進めていきましょう!

広告

  • 封筒も履歴書の一部と心得よう!

    大切なのは中に入れた履歴書で、どうせ封筒はすぐに捨てられるのだから雑でいい。 そんなことを思っているのなら、それは大間違いです。 なぜなら、採用担当者がまず目にするのは、履歴書に貼付られたあなたの顔写真でも職務経歴書でもなく、それらが入った封筒だからです。 つまり、封筒があなたの第一印象を決めると言っても過言ではないのです。 転職において、採用担当者に与える第一印象がどれだけ大事なのかは言うまでもありませんよね。 友人に手紙を送るような送り方では失礼にあたります。 封筒に宛名書きをする際には、封筒も履歴書の一部なのだという考えで、履歴書を書くときと同じくらい慎重に綺麗な字で書くことを心がけましょう。

  • 封筒の宛名書きにマナーはあるの?

    封筒の宛名書きにもマナーはあります。 たとえば、住所や会社名の書き方。 住所を書くときには、番地やマンション名を省略したりせず、免許証や住民票など公的文章と同じ書き方で記載するのがマナー。 会社名を書くときには、「株式会社」の場所に注意。 会社によって、前に来るのか後に来るのかが変わるので、事前にしっかりと調べてから記載しましょう。 (株)という書き方は一般的ですが、避けたほうが無難です。
    また、宛名は「横書き」で書きましょう。 「縦書き」が間違いである、というわけではありませんが、通常は中の書類に合わせて書きます。 一般的に履歴書は横書きの書類なので、封筒の宛名書きも横書きにする方がスマートだといえます。

  • 封筒の送り方にマナーはあるの?

    履歴書を送る側ではなく、受け取る側の立場でみれば、どんな履歴書の送り方だと好印象を持たれるのかわかるはず。 ポイントは、企業に送るのではなく採用担当者に送る、と考えること。 たとえば、採用担当者の手元に届くのは履歴書だけとは限りません。 別の業務で送られてきた書類と混ざらないように、封筒の表面に「履歴書在中」と書いておくのも、採用担当者へのちょっとした気遣い。 一見しただけでわかるように、赤いペンで目立つように記載しておくと好印象。
    意外と失敗してしまう人が多いのが「切手の料金不足」。 当然ですが、切手の料金が不足していると、相手まで届きません。 原因は、履歴書のサイズだけで切手の料金を決めてしまい、よく確認もせずポストに投げ入れてしまうこと。 履歴書用の封筒の中には、職務経歴書や送付状、人によってはポートフォリオを入れて送ることもあるでしょう。 大きさは変わらなくても、重さが変われば郵送料は変わります。そもそも届かなければ、送り方のマナーを守っていても意味がありません。 切手を貼るときには、念の為に郵便局に行って重さをはかってもらいましょう。

広告